スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリスタループ4

 四国CSの結果が公式サイトに上がってますが、マスタークラス準優勝をトリスタンループ、いわゆる騎士ループがなしとげていたので少し。

 トリスタループ
 トリスタループ2
 トリスタループ3
 
 騎士ループは三回にも渡って記事を書くぐらい興味を惹かれたデッキタイプでしたが、記事中にも書いた通り緑速攻には相性が悪く、蜂劉備がトップメタの一角として存在する以上、結果を残すのは難しいのではないかという印象でした。

 そんな自分の拙い予想は簡単にハズレたわけですが、以下続きから。

続きを読む

スポンサーサイト

ソードマスターヤマトフリード

 覇王第四弾発売してので実際にカードに触れてみての感想とかを。

 続きから

続きを読む

【剣舞う世界】カードレビュー 2

 剣舞う世界の白黄青のカードについて思ったこととか。

 続きから

続きを読む

【剣舞う世界】カードレビュー 1

 覇王編第4弾【剣舞う世界】がついに発売ですねー。
 
 とりあえず何枚かについて思ったこととか。続きから

続きを読む

トリスタループ 3

 コンボデッキはA.コンボパーツ、B.ドローソース、C.防御手段の三つで構成されます。

 コンボデッキにコンボパーツが必要なのは言わずもがな。ドローソースはそれらを手札に揃えるために、多くのスロットを割いて採用されるものです。AとBだけではコンボ完成までに相手に倒される可能性が高いため、Aを揃えるまでの防御手段が必要となってきます。
 
 コンボデッキの出来不出来はこのBとCの割合をどのようにするかということに尽き、勿論相手を考えなければAとBだけでデッキを組みたいのですが、初期ライフが5しかないバトスピでそれは自殺行為。基本的に毎ターン最低でも1枚はドロー出来るのだから、AとCだけでデッキを組めばいい!かというとそうでもなく、アドバンテージを失うのが殆どなバトスピの防御マジックではターンを進めるごとにジリ貧になっていきます。また現状どんな相手も止められる疲労ブロッカーなんてのは存在しません。何より最強の防御手段とは「相手より先に勝利条件を満たすこと」なので、逆説的ですが防御手段を多くした結果、防御が薄くなるなんてこともあります。

 さて、騎士ループのデッキ構築ですが、ループ成立のためにはデッキの大半(理想的には全て)を手札あるいはトラッシュに落とすことが必要となってくるためドローソースに重点を於いた構築が必要となってきます。

 以下続きから。

続きを読む

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。