スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードマスターヤマトフリード

 覇王第四弾発売してので実際にカードに触れてみての感想とかを。

 続きから

続きを読む

スポンサーサイト

【剣舞う世界】カードレビュー 2

 剣舞う世界の白黄青のカードについて思ったこととか。

 続きから

続きを読む

【剣舞う世界】カードレビュー 1

 覇王編第4弾【剣舞う世界】がついに発売ですねー。
 
 とりあえず何枚かについて思ったこととか。続きから

続きを読む

トリスタループ 3

 コンボデッキはA.コンボパーツ、B.ドローソース、C.防御手段の三つで構成されます。

 コンボデッキにコンボパーツが必要なのは言わずもがな。ドローソースはそれらを手札に揃えるために、多くのスロットを割いて採用されるものです。AとBだけではコンボ完成までに相手に倒される可能性が高いため、Aを揃えるまでの防御手段が必要となってきます。
 
 コンボデッキの出来不出来はこのBとCの割合をどのようにするかということに尽き、勿論相手を考えなければAとBだけでデッキを組みたいのですが、初期ライフが5しかないバトスピでそれは自殺行為。基本的に毎ターン最低でも1枚はドロー出来るのだから、AとCだけでデッキを組めばいい!かというとそうでもなく、アドバンテージを失うのが殆どなバトスピの防御マジックではターンを進めるごとにジリ貧になっていきます。また現状どんな相手も止められる疲労ブロッカーなんてのは存在しません。何より最強の防御手段とは「相手より先に勝利条件を満たすこと」なので、逆説的ですが防御手段を多くした結果、防御が薄くなるなんてこともあります。

 さて、騎士ループのデッキ構築ですが、ループ成立のためにはデッキの大半(理想的には全て)を手札あるいはトラッシュに落とすことが必要となってくるためドローソースに重点を於いた構築が必要となってきます。

 以下続きから。

続きを読む

トリスタループ 2

 <<闇騎士トリスタン>>を使ったループの続き。
 
 一見複雑に見える騎士ループですが基本は、トリスタンを不死召還した際に呼び出したブレイヴでトリスタンの不死を誘発する、というシンプルなもの。

 前回紹介した6/7コストのブレイヴを呼び出しデスヘイズで破壊するのは最も簡単な例ですが、騎士ループの面白いところはデッキに入ってるカードによって様々なルートでループが実現するところなのです。
 
 あ、基本的なことですが破壊状態になったスピリットはコアが0になった瞬間にトラッシュにいき、以後は軽減シンボルとしても不死トリガーとしても使えないことは留意しておいてください。

 以下続きから

続きを読む

トリスタループ

 といっても<<導化姫トリックスター>>のループのことではなく。<<闇騎士トリスタン>>を利用したループのことです。

 <<闇騎士トリスタン>>の情報が出た時から

①<<血塗られた魔具>>によりコスト6/7のブレイヴをスピリット状態で破壊

②トリスタン不死召還、コスト6/7のブレイヴを召還しトリスタンはコアを外して自壊

①に戻る

のループが組めるなあとか考えていたのですが、それよりもっと面白いループが組めるようで。

 ここ数日「騎士ループ」の検索語で来られる方が多かったので、この記事に需要があったのかと驚いたのですが、勿論そんなことはなく、調べたところ中々面白いループだったので紹介と考察でも。

 以下続きから

続きを読む

ぐふガル!

 東海CSのレポートが公式に上がっていましたね。その中でマスター優勝デッキの颶風ガルードが気になったので少し。


 颶風ガルードはご存知、<<颶風高原>>配置からの<<鳥獣烈神ガルード>>召還により暴威的なコアブーストをして勝ち筋に繋げるデッキです。関東エリア大会ではマスター優勝者が使用していたデッキタイプでもあります。
http://www.battlespirits.com/mydeck/decksrc/201203/1330596065.html 

 ガルード自体のカードパワーもあって非常に強力なのですが、颶風高原によるコアブを有効に使うために重いカードがデッキの主体となり、序盤の展開が鈍るために今流行の蜂王セイリュービを絡めてくる緑速攻に対しては弱いという欠点があります(上のデッキも<<蜂王フォン・ニード>>や<<烈の覇王セイリュービ>>が出る前に組まれたものでした)。

 東北CSの結果が示す通り、緑が猛威を奮う現環境では颶風ガルードは結果を残せないだろう、そう考えていたので東海CSのデッキは目から鱗の気分でした。

 以下続きから。

 

続きを読む

「バトスピ大好き声優の生放送」感想とか 5月9日放送分

 今回のゲストはキマリちゃんを演じる藤田咲さんとアントニーを演じる島﨑信長さんでした。

 生バトルは藤田さん対諏訪部さん。キマリちゃん対ナレーター。

続きを読む

魅惑の覇王クレオパトラス

 今日放送のバトスピ覇王でついに黄属性の新キーワード能力【魔光芒】を持つスピリットが出ました!

kureo1

 以下続きから。

続きを読む

ハイランダー雑感

 五月からのショップバトルEXは全種類1枚制限大会、いわゆるハイランダールールですね。
 
 景品はイラスト違いのインビジブルクローク

inbizi

 元絵は結構好きなんですが地味なんで、こっちの絵柄も楽しみです。是非欲しい!


 そんな訳でハイランダーのデッキを作って練習してたんですが、いくつか思ったことを当たり前のことも含めて箇条書きで。


・事故が起こりやすいので色は同色で揃えた方がよい
・コンボデッキは組みづらいのでデッキ破壊よりビートによる勝利が殆ど
・ライフ減少バーストが強くなる
・ブレイヴは事故の元なのでシンボル持ち以外はなるべく使いたくない
・反面ブレイヴ破壊手段も殆どないためブレイヴスピリットが出たら押し切れることが多かった
・いつも以上に自分と相手のトラッシュに注意を向けることが必要。落ちたカードは必ず記憶しておく
・低コストで揃えたウィニーは事故りづらく強いが、かなり相手の引き依存になる。当たり前だがシャイン一体で止まる
サイゴードゴレムが鬼
リブラゴレムが鬼畜


 メインで緑デッキ使ってみたんですが、コアブスピリットや疲労マジックの互換が多くフィニッシャーも豊富な緑は確かに強い…しかし序盤のコストが噛み合わないと簡単に事故ります。例えば先1で4コスのコアブスピリットしかいなかったり、先4後3までに大型を出せなかった場合スピリットの性能差で壊滅的な打撃を受けることも多い。バルカンアームズが一枚しか入らないのが一番辛い。

 インビジブルクローク自体が1枚制限カードですので複数枚いらない、期間中に一回だけでも優勝すればいいというのなら赤で01ウィニーを組むのが戦略としては悪くないかもしれませんね。
 
 あとデッキアウトよりビートがメイン戦術になるなんて書きましたが、デッキ破壊は相手のデッキを破壊しつつ得られる情報が通常の構築戦より大きいのが怖かったりもします。特にリブラゴレムはスピリット主体になるハイランダーでは圧倒的に有利な状況からでも擂り潰されるので要注意。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。