スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードマスターヤマトフリード

 覇王第四弾発売してので実際にカードに触れてみての感想とかを。

 続きから


ソードマスター・ドラゴン

 剣舞う世界の名に相応しい今弾お気に入りの一枚(イラストが)。
 
 能力は《金牛龍神ドラゴニック・タウラス》を思い出す貫通能力。上限こそあるものの《刃狼ベオ・ウルフ》をブレイヴすれば「オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」も可能。
 
 最近だと《戦神乙女ヴィエルジェ》や《ブリザードウォール》をよく見るので案外悪くないかもと思ったけれど、想像以上に使いづらい。分かっていたことだが、《烈の覇王セイリュービ》により自壊が容易でBPを比べるところまで行かないのだ。指定アタックをつけてもタウラスと違い、ブロック後フラッシュタイミングが残っているのがキツすぎる。タウラスと違い単騎でも能力を最大限に発揮出来るのが強みで、タウラスより奇襲効果は高いから軽減の多さを活かしてちゃっちゃと召喚したい。ブロック後フラッシュタイミングはLvを上げたりBPを上げたり出来るメリットでもあるし。

 《暗雲射す鬼ヶ島》と《サンダーブランチ》を入れた戦竜デッキを組んで入れてみたら《アーチャー・ドラゴン》が大活躍だった。


魅惑の覇王クレオパトラス

 専用デッキを組むよりも、フラッシュマジックを大目に積んだマグーコントロールや蜂劉備に1、2枚刺す方がいい働きをしてくれる。

 最初にテキストを見た時はバースト効果だったらなと思ったトラッシュからのマジック回収も、召喚時効果のおかげでアタックを仕掛けてこない相手に対しても使えるのがいい。

 特にマグーコンで、クローク三段突き辺りを回収してからのアタック二重詠唱で露払いをして、ブレイヴマグーの攻撃を通すという流れは割と必殺。クレオパトラスの攻撃で絶甲氷盾バーストされても魔光芒により使ったマジックは帰ってくるため、アタックステップ終了マジックを恐れずにインビジブルクロークを使うことが出来、絶甲氷盾でなくヤマトバーストでクレオパトラスを焼かれた場合でも、二重詠唱によりマグーにもクロークをかけておけるのは光芒には出来ない芸当である。

 
 
キング・ハーラル

 ハーラル踏み倒し+シングルシンボル合体スピリットを擬似ダブシンに出来る《千夜一夜物語の女帝シェハラザード》と一緒に使いたい。
 実際にデッキを組むと壮絶に事故る予感。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
westernと申します。

トリスタンを使ったループデッキについての考察記事、とても感動しました!
先日までトリスタンループがどんな形でどんな動きをするのか分かっていなかったので、こちらの記事がとても参考になりました。

もしよろしければ私のブログと相互リンクを結んで頂けますか?
http://armedchivalry.jugem.jp/

No title

ありがとうございますー。
リンク了解しましたのでどうぞよろしく!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。